MBC新水木ドラマ『君主 – 仮面の主人』韓国で5月10日に初放送予定

 

 

 

MBC新しい水木ドラマ「君主 - 仮面の所有者(以下、君主)」が製作に突入した。


「君主」は、朝鮮八道の水を理由して、強力な富と権力を得た組織編修会と相対して戦う皇太子の義に徹した死闘と愛を描いたハイブリッド・ファクション史劇である。荒っぽいロマンスと権力を守るための暗闘が劇の観戦ポイントになる予定。


何よりも関心を引くのは、ユ・スンホの存在感である。


ユ・スンホは、2002年の映画「家」出演以降、世間の注目を浴びてきた。着実に、温かいビジュアルと確かな演技力を誇って、子役俳優系の教本として賞賛を受け、特に2013年3月5日ファンカフェに映像だけを残したまま、静かに軍入隊して「概念スター」に浮上した。当時、芸能兵士と関連した問題が出てきて、全国民的な失望を抱かれた時点で、旗世紀に有名な第27歩兵師団新兵教育隊助教に誠実に軍入隊を終えた彼に「カイム防止権」が与えられたのは当然のことである。


さらに、演技力も相変わらずだった。軍除隊後に出演したMBCエブリワン「想像猫」、SBS「リメンバー~記憶の彼方へ」での演技がすべて好評を受け、まだ「大勢(主流)のスター」として君臨している。全国民的に好感度が高いユ・スンホが選択された作品であるだけに、デフォルト以上の視聴率は持ってかないかという期待が集まっている。


また、ユ・スンホのキャリアも信じられるのみである。ユ・スンホは、20代前半であっても、特に史劇経験豊富な俳優だ。 2005年KBS1「不滅の李舜臣」、2007年SBS「王と私DVD」、MBC「太王四神記」、2009年MBC「善徳女王DVD」、2011年SBS「ペク・ドンス」など5編の時代劇に出演した経験がある。時代劇に最適化された青春スターであるだけに安定した演技を見せてくれるという信頼がある。


ここでキム・ソヒョンが参加した。キム・ソヒョンはイ・ソンに復習しようとして、恋に落ちるハン・ガウン役にキャスティングされた。


キム・ソヒョンは、キム・ユジョン、キム・セロンと子役3キム(金)トロイカと呼ばれる俳優だ。華やかなルックスと安定した演技力で子供の頃から認められ、最近tvN月火ドラマ「戦う鬼よ」でオク・テギョン(2PM)と清涼ロマンス演技をして話題を集めた。今回の「君主」でユ・スンホと示すメロー演技はどうかと言えば、期待感をもたれる以外にはない。


特に、昨年末「2016 MBC演技大賞」で「君主」の最初のティーザーが公開されユ・スンホとキム・ソヒョンの出会いへの期待をさらに高めた状況である。


「君主」は「きらきら光る」「ソウルメイト」などを演出したノ・ドチョルPDがメガホンを取って、映画 「黄海」「諸島」などのシナリオを作業していたパク・ヘジン作家と「離散」「階伯」などを共同執筆したチョン・ハリー作家が意気投合した。ユ・スンホ、キム・ソヒョンの他、エルが賎民イ役を担って初めての史劇演技に挑戦して、ユンホ?チャル辺首会首長部分の孫娘に金化郡逆に極をさらに豊かにする。作品は5月放送される予定である。